注文住宅のことがよくわからない人にぴったり!基本的な知識をご紹介します!

当サイトでは注文住宅の基本的な知識をご紹介しています。
初めての家づくりであるため、よく分からないという人にとって参考になるかもしれません。
注文建築の住宅こそ予算の検討が大事といわれています。
その理由を知れば、きっと誰もが納得できるでしょう。
買主が決められることの多い自由設計こそが、注文建築の家ならでは醍醐味という考え方もあります。
家のイメージづくりのポイントを押さえて、住みたい理想の家を形にするのがおすすめです。

目次
  1. 注文住宅のことがよくわからない人にぴったり!基本的な知識をご紹介します!
    1. 注文住宅って何だろう?建売住宅と比較しながら理解しよう!
    2. 注文住宅にはどんなメリットがある?自由に設計できるって本当?
    3. 工期や手間は?コストはどうなる?注文住宅のデメリットを事前に知って対策を!
    4. フルオーダーだけが注文住宅ではない!セミオーダーの特徴やメリットも学ぼう!
    5. 注文住宅のメーカー選びは慎重に
    6. 注文住宅の依頼先のことが知りたい!まず色々なメーカーのタイプについて学ぼう
    7. 大手住宅メーカー?小さい工務店?注文住宅にとってふさわしい業者はどっち?
    8. 注文住宅のモデルハウス見学のポイント
    9. 注文住宅の見積もりは複数のメーカーに依頼しよう!見積書で比較すべきポイントとは?
    10. 本当に地元の不動産屋さんで大丈夫?注文住宅の土地探しなら工務店が理想?
    11. 自由設計の注文住宅では建築確認申請を慎重に!その理由や再申請のデメリットを知ろう!
    12. 注文住宅のデザインや構造は工法に左右される?色々な工法の種類や特徴を学ぼう!
    13. いよいよ注文住宅の着工!地鎮祭や上棟式はやるべき?近所への挨拶は業者に任せてもOK?
    14. ついに注文住宅が完成!完了検査って何?引き渡しの際にチェックすべきポイントとは?

注文住宅のことがよくわからない人にぴったり!基本的な知識をご紹介します!

これから家を買いたいと考えている人もいるでしょう。
その場合には注文住宅で建てるという選択肢もあります。
基本的なことからお伝えすると、注文住宅は買主の希望に合わせて建てる家のことです。
間取りや仕様などを自分で決められる点が魅力となっています。
自由建築と規格型住宅がありますが、より自由度が高いのは自由建築です。
規格型住宅の方が自由度は低いですが、決まった中から選ぶので手間や時間の節約になるほか費用も安くなります。

注文住宅って何だろう?建売住宅と比較しながら理解しよう!

注文住宅とは、間取りや内装、設備などの注文を専門業者に伝えて設計をしてもらい、自分でみつけた土地の上に建築業者に建ててもらった住宅のことです。
建築基準法や自治体の条例などで定められている規制をクリアするという条件であれば、原則としてどんな住宅でも建てることができます。
工事が終わった後、完成した住宅の外観や内部を見れば、自分の家を建てることができたと実感することができるでしょう。
注文住宅とよく比較されるのは建売住宅とよばれるものですが、両者の最も大きな違いは既に建物が存在する状態で販売されているかどうかの違いです。
注文住宅は専門業者にオーダーをして建ててもらいますが、建売住宅はハウスメーカーや工務店が自社で考えたコンセプトを具現化した住宅を消費者に販売します。
建売については、購入を希望してから引き渡しまでが比較的短期間で済みますが、注文住宅は土地探しから始まるため、入居できるようになるまでには長い期間を要します。

注文住宅にはどんなメリットがある?自由に設計できるって本当?

注文住宅は、一から外観や間取り、設備そして仕様などを決められる住まいです。
そのため、注文住宅の一番のメリットと言えば、やはり住宅をイメージ通りに自由に設計できるという点と言えるでしょう。
幅広い形で自分の要望を取り入れた住宅ができる分だけこだわりある住宅を建てることができるのです。
使い勝手の良い間取り・キッチンなどといった唯一無二の住まいを作ることも可能です。
ただし注文住宅の中には、セミオーダー住宅と言って間取りや仕様の一部がすでに決められていることもありますし、さらにこのセミオーダー住宅の中に建築条件付土地と呼ばれる案件が販売されていることがあります。
これは、不動産ディベロッパー、ハウスメーカーが宅地として販売している土地を指し、一定の期間内で新築しなければならないという条件があります。
さらにはハウスメーカーなどの提案するプランから選ぶというケースも多いため、中には自由に一から設計できないといった住宅もあるため、事前によく確認するようにして注意しましょう。

工期や手間は?コストはどうなる?注文住宅のデメリットを事前に知って対策を!

注文住宅は思い通りの家が出来るというイメージが強いかもしれません。
確かに設計も、家族構成や生活スタイルに合わせて出来ますし、収納や間取なども自分で決められます。
相談をしながら作ってもらうという事になりますので、全部が全部思い通りという事ではなく、アドバイスなども取り入れて決めることが出来るという感じでもあります。
ちなみに良い事ばかりではなく、デメリットもありますので要注意です。
例えば、注文住宅はコストが分譲住宅に比べてかかるという点が挙げられます。
設計もこうじもすべて個別で行ってもらうことになりますので、まとめて行う分譲住宅よりもかかります。
そして完成までの日数も同様にかかってきますので、出来るだけ早く家を建てたいという時にはニーズに合わないこともあるかもしれません。
費用は節約するところを自分で決める事も出来ますが、それでも高くなってしまうことはありますので予算を立てて、それに合わせて作ることもも大事です。

フルオーダーだけが注文住宅ではない!セミオーダーの特徴やメリットも学ぼう!

注文住宅は、フルオーダーだけでなくセミオーダーの選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
フルオーダーの注文住宅は、全てを購入者の希望で建築することができるので理想のマイホームを建築することができ、国内外すべての建築資材や衛生機器を使用できるので自分たちだけのオンリーワン住宅の建築が可能です。
フルオーダーは、国内外のすべての建築資材や衛生機器が選択肢なのでどれにすべきか迷ってしまう事が多く、打ち合わせの回数や時間が長くなり精神的にも肉体的にも負担が大きいデメリットがあります。
セミオーダーの注文住宅は、予め建築士やコーディネーターが選択肢を絞り込んでいる企画住宅がメインなのでフルオーダーに比べて自由度が少なくなりますが、選択肢が決められているので決断を下すのに時間がかからず打ち合わせの回数や時間が少なく精神的にも肉体的にも負担が少ないとされています。
しかし、最大のメリットは、イメージ通りの注文住宅が建築できる事です。

注文住宅のメーカー選びは慎重に

注文住宅は家の外装だけでなく水回りや収納スペースなど内装にも色々とこだわることができるので、非常に人気の高い住宅です。
ハウスメーカーごとに様々な特色があるので、自分の要望に応じたメーカー選びが出来るように工夫しておきましょう。
注文住宅が満足のいく仕上がりになるかどうかは、メーカー選びがカギを握っていると言っても過言ではありません。
1社だけを見て決定してしまうのではなく、複数のハウスメーカーを比較した上で納得のいく業者を選ぶようにするのがオススメです。
各社から提出された見積書をよく確認し、建築費用や間取りなどをチェックしてコストパフォーマンスが高いかどうか調べておくのが良いかもしれません。
家づくりのことがよくわからない人は多いといわれていますか、そういった人こそ慎重に注文住宅のメーカーを選ぶべきです。
なんとなくで決めてしまうのではなく、複数の業者に見積もりの作成を依頼し、事務所の雰囲気や対応なども含めてよく確認しておくのが良いでしょう。

注文住宅の依頼先のことが知りたい!まず色々なメーカーのタイプについて学ぼう

注文住宅では、相談先をきちんと考慮して資金計画を立てていく必要があります。
そもそも、タイプが全く異なるので自分たちの要求を伝えたかったり、利用したいと考えているプランが存在するケースではそれを実際に依頼できるところに相談しなくてはいけません。
タイプ別で顕著なものでは、フルオーダーとセミオーダーです。
注文住宅は、全ての業者で同じように提供しているわけではない現状です。
その名前の通り、顧客から注文を付けていくことは確かにできるのですが、それとは逆に業者がこだわりをもってセミオーダー式にプランを考えている注文住宅も少なくないです。
特に、大手のハウスメーカーではこの傾向が強く、初めて住宅購入をする人に対してわかりやすいサービスを提供することで誰もが安心できるようになっています。
反対に、フルオーダーは文字通り素材もデザインも設計も自分たちで決められるのでどういったメーカーを利用するかで仕上がりが異なることを知っておくことです。

大手住宅メーカー?小さい工務店?注文住宅にとってふさわしい業者はどっち?

注文住宅を建築する際には、全国的に知名度が高く品質が保証されている大手住宅のメーカーに依頼すべきか、地域密着で気心の知れた小さな工務店に依頼すべきか悩んでしまいます。
注文住宅は、建売住宅に比べて延べ床面積が大きく仕様のグレードが高いので大手住宅メーカーに依頼した方が無難で安心と考える人が多く、工務店は品質の信用性が低く安心できないと言う人がほとんどです。
大手住宅メーカーは、社内で厳格な品質管理のマニュアルを作成しているので一定水準の品質を確保していますが、下請けへの丸投げが基本なので施工ミスや伝達ミスなど細々としたトラブルがつきものです。
小さな工務店は、自社スタッフや分離発注を受けた業者が施工しており、伝達ミスは皆無に等しくトラブルリスクが低いとされています。
工務店は、地域密着で長年施工してきた業者がほとんどであり、竣工後に不具合やトラブルが発生した際にも即日対応のアフターサポートが期待できます。

注文住宅のモデルハウス見学のポイント

注文住宅の家を新築しようとした時に、まず第一に悩むことが工事の契約をどのメーカーと締結するかになります。
完成した建物のイメージや希望の構造は思い描いていても、その家を形にして完成してくれるのはどこかが決めきれないこともあります。
そのような時にもモデルハウスを訪問し完成した建物を実際に見て、触れることで建築を依頼するメーカーを絞り込めばいいのです。
そこで見るポイントとしては外観や素材は、どのような雰囲気になっているかを目で見て判断材料にしましょう。
内部では間取りや生活動線等を自分で歩いてみることで、体感として感じ取ればより大きな経験として覚えることができます。
さらに、そのモデルハウスの基本的な構造や強みと、設定できる新技術などまで確認できればベストと言えます。
最後に再度外観を見ることで自らの建築地に相応しいか、想像してみるのもいいでしょう。
そして契約先が決まってからも様々な詳細を決めかねた時にも、内装や設備を見学しより理想に近いものを選択すればいいのです。
注文住宅での建築の詳細は家はカタログ等だけで全てを判断するのではなく、モデルハウスにある実際のものを見ることの方が間違いのない場合が多いのは間違いないと言えるのです。

注文住宅の見積もりは複数のメーカーに依頼しよう!見積書で比較すべきポイントとは?

憧れのマイホームを手に入れる際に、多くの人が注文住宅を購入するか建売住宅を購入するかで迷うと言われています。
家づくりに対してこだわりが強いのであれば、多少費用は高くなっても注文住宅を選ぶのが良いかもしれません。
優良な建築業者に出会えるかどうかが家づくりの命運を左右すると言っても過言ではないので、時間に余裕を持って複数のメーカーをじっくり比較するのがオススメです。
複数の名鑑から見積書もらった後は、内容をよく確認し建築内容に対して費用が適当であるかや、デザインや性能等が満足のいく提案であるかをチェックしておきましょう。
一社だけではよくわからないかもしれませんが、複数社の見積もりを比べることでより違いがわかりやすくなります。
単純に建築費用が安いところを選ぶのではなく、価格と内容のバランスを確認してコストパフォーマンスの高い業者を選択するように心がけましょう。
時間に余裕を持って計画的に準備するのが大切です。

本当に地元の不動産屋さんで大丈夫?注文住宅の土地探しなら工務店が理想?

不動産屋で注文住宅の相談をする場合には、本当に自分や家族の目的を実現できて満足な結果になるのかを考えることが重要です。
そもそも、注文住宅とは言っても実際に提供されるサービスは全く異なる傾向があります。
注文住宅は、セミオーダーからフルオーダーまで、顧客から様々なプランを選択できるものです。
なるべく自分や家族の要望を伝えられるメリットはありますが、予算の事や設計や素材の事を考慮した最善の配慮が必要です。
特に、特定の地域で生活をしたいと既に考えている場合には、その周辺地域で安心して生活ができるくらいの準備を整えておく必要があります。
実際に、その地域に存在する工務店に相談をすれば貴重な情報を提供してくれることも珍しくありません。
もちろん、不動産屋に相談をしても良い情報を得られる可能性があります。
地域性や住環境などを考慮して、本当に自分たちが望んでいる注文住宅の建設や設計ができるかを必ず考えることです。

自由設計の注文住宅では建築確認申請を慎重に!その理由や再申請のデメリットを知ろう!

注文住宅で家を建てるとき、家の設計を依頼して設計図が完成しその図面で了承できるときには注文住宅の工事がスタートします。
しかし、設計図が完成したからといってすぐに着工できるわけではありません。
建築物を造作するときには建築基準法の法律に準拠していなければならない、この法律には色々な制限事項があるので、制限をしっかり守っているのか建築確認の手続きが必要不可欠です。
仮に、建築確認の審査で不合格になると設計図の書き直しなどが必要になるわけですが、設計士は法律のことを熟知しているので申請を行って通過できないことは少ないといえましょう。
この確認を依頼するときには、建築確認申請を行うことで許可の可否が分かりますが、2020年度より床面積の合計が300平方メートル以上の被住宅建築物は省エネ基準に適合しているなどの検査が追加されたといいます。
なお、建築確認申請は施主が行うことになるのですが、専門的な知識が必要になるので設計事務所や建築会社に代行して貰うのが一般的です。

注文住宅のデザインや構造は工法に左右される?色々な工法の種類や特徴を学ぼう!

構造や工法によって様々な建物が建築されます。
注文住宅を建てる場合にも、構造などの要素が採用可能なデザインに関わってくるでしょう。
日本の注文住宅で利用されている工法は、主に木造と鉄筋によって分けられています。
木造は木造軸組、ツーバイフォーなどが代表的でしょう。
鉄筋で知名度が高いのは軽量鉄骨造と重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造です。
木造軸組は古くから使われてきた方法で、日本にある木造の建物の多くで採用されています。
構造材としてはヒノキや杉が中心で、従来は職人の技術により建てられていましたが昨今では機械加工も増加しつつあります。
北米で盛んに利用されているのがツーバイフォーとなっており、構造材を組み立てる箱型構造が特徴です。
軽量鉄骨造は木造建築の方法を鉄筋に組み替えたもので、重量鉄骨造はオフィスビルなどで見ることができます。
鉄筋コンクリート造はRC造とも呼ばれ、コンクリートと鉄筋が一体化して建物を支えます。

いよいよ注文住宅の着工!地鎮祭や上棟式はやるべき?近所への挨拶は業者に任せてもOK?

ハウスメーカーとの工事請負契約後に複数回の打合せを繰り返し、無事に現場での工事に着手することになりました。
念願の注文住宅での新築工事が始まるのですが、古来より伝えられてきている行事を行うべきかも決めなければならないのです。
その行事とは建築する土地を守ると言われる氏神様へ、工事を進める報告と工事中の安全を祈願する地鎮祭がまずあります。
次に上棟式があり棟上げが無事に完了した事に対する、感謝の意味も込め職人とともに無事に工事が進む事を祈念することです。
開催される場合にはメーカーが日程の調整を行い、出席者等への連絡を含む手配も全て行ってくれます。
どちらの行事も近年では執り行なわれないことも増えており、メーカー側が実施しないことと取り決めていることも散見されます。
さらに近年ではコロナという感染症の影響から、見送られるケースも増えてきています。
これまでの実施状況を見れば本来の意味合いの他に、施主が施工の思い出作りのために開催されたこともあります。
ただ、近隣への挨拶は工事中に迷惑をお掛けするお詫びや、今後のお付き合いのためにも着工前に担当者とともにお伺いする方も少なくはありません。
注文住宅での建築ゆえにまつわる式典も多くなりますが、いずれも実施すべきと決められているものではないのです。

ついに注文住宅が完成!完了検査って何?引き渡しの際にチェックすべきポイントとは?

完了検査は、建築基準法に基づいて実施しなければならない検査のうち、建築物の建設工事が完了した後に行う検査のことを指します。
検査を行うのは自治体の建築主事もしくは指定確認検査機関で、合格して検査済証の交付を受けなければ完成した建物を使用できるようにならず、引き渡しの手続きに進むことができません。
この完了検査とは別に、施主(建築主)や施工会社、工事監理者、建物の設計者などが立ち会う「竣工検査」とよばれるものがあります。
特に、施主が立ち会って実施する竣工検査は「施主検査」とよばれ、完成したばかりで何も搬入されていない建物を隅々までチェックすることができる最初で最後の機会として非常に重要です。
注文住宅の施主検査では図面と建物の整合性はもちろん、壁・天井・外壁・床にキズやヒビ割れなどがないかどうかや、設置された設備が正常に作動するかどうか、水漏れや雨染みが発生していないかなど、建築主がチェックすべき点はたくさんあります。
専門知識に乏しい建築主にとっては大変な作業ですが、注文住宅の生活を良い形でスタートできるように、可能な限りチェックしましょう。
もし、自分自身だけでは不安な場合は、内覧会立ち会いサービスを行っている専門家に依頼し、第三者として立ち会ってもらうと良いです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基本情報

当サイトでは注文住宅の基本的な知識をご紹介しています。初めての家づくりであるため、よく分からないという人にとって参考になるかもしれません。注文建築の住宅こそ予算の検討が大事といわれています。その理由を知れば、きっと誰もが納得できるでしょう。買主が決められることの多い自由設計こそが、注文建築の家ならでは醍醐味という考え方もあります。家のイメージづくりのポイントを押さえて、住みたい理想の家を形にするのがおすすめです。

Search

更新情報